ゴルフコース上でのマナー

ゴルフコース上におけるマナーというのは、初心者でも絶対に守るべきものと、ある程度最初は仕方がないものの、少しずつ覚えていく必要があるものとがあります。
これをどういった分類で分けるかというと、簡単に言えば、人に迷惑がかかるかかからないかの違いです。

例えば、ゴルフコース上に人がいるのにショットを打ったり、人が打つ際に物音を立てたり雑談するなどというのは確実に前者ですよね。
では、素振りに関してのマナーはどちらに分類されると思いますか?
素振りというのは、ショットを打つ前にする練習ですよね。
これは後者に入るのでは、と思う方も多いかと思います。
答えは前者です。
というのも、人が通る場所で素振りをしてしまうと、クラブが他人に当たってしまう恐れがあるからです。
これはかなり危険です。
必ず、素振りはティーグラウンドで行うようにしましょう。
第二打以降は、ボールの落下地点の隣で、人がいない事を確認してから行うようにしましょう。

次に、移動です。
移動は常に迅速に行ってください。
走るほど慌てる必要はありません。
というか、ゴルフコース上を走るのはマナーとしてお勧めできません。
特にグリーン上はダメです。
慌てず、迅速に移動する事が大事です。
ティーショットを打ったら、他の方が打つのを待って、ナイスショットの場合はそれを口にして出し、林などに打ち込んでしまった場合は「ファー」という打球の直撃を警告する声を一緒に出してやり、その後移動というのが通常の移動のタイミングです。

もし自分がトラブルショットを打ってしまった場合は、速やかに移動してボールを探しましょう。
見つからなかった場合は、ロストボールといって、一打ペナルティを追加して別のボールをトスし、プレーを続ける事になります。
その際は3分?5分ほど探しても見つからない場合、という事になります。

<PR>